妊活には梅酢? いえ「ウムリン」です

ウムリンと不妊治療の関係とは?

体験談や口コミを見ると、ウムリンとクリニックでの不妊治療を併用しているという人がたくさんいます。

実際にウムリンの購入者の体験談では、不妊治療とウムリンを併用したという報告や口コミが多くあります。ここではその実例をピックアップしてみました。

●ウムリンを飲み始めて3カ月くらいです。初めての体外受精と移植でしたが、無事に心拍確認まで来ることが出来ました!

採卵から飲んでいたウムリンの効果だと思っています。
ウムリンに感謝です。

 

●やっと妊娠することができました!採卵したのはウムリンを飲み始めて3カ月くらい経った頃でした。

1回の採卵で胚盤胞を5個凍結出来たのですが、医師の話ではグレードも高いものが多かったようです。

そのうちのひとつを移植して現在は妊娠してひと月を過ごしています。

 

●ウムリンを飲み始めてから、採卵できた良い卵は3つもあり、卵の質を上げられる実感がありました。

これまでに移植は3回しており、今のところはまだ妊娠まで至っていないのですが、以前とは違い希望が持てている状態です。

おかげで前向きな気持ちで不妊治療を続けられています。

 

これらの口コミは、体外受精の治療を受けられた方々の体験談です。

口コミをもっと詳しく

もちろん他の方法を選択した方からも、たくさんの口コミが寄せられています。でも実は、体外受精の治療に絞ってピックアップしたのには訳があるのです。。。

 

体外受精の治療中に体感する効果

ウムリンと体外受精の治療を並行する方法をピックアップしたのは、この組み合わせの口コミや体験談がとても多いという点にあります。

ウムリン個装
ウムリンは一日2包

 

ではなぜ口コミが多いのか?それは、治療中の採卵時にウムリンの効果が感じられるからなのです。

●不妊治療ではタイミング法から人工授精に変え、7回も行いましたが、なかなか叶うことがなく、体外受精に切り替えました。

そこでウムリンを飲み始めたのですが、以前はAMHの値が低かった私は一度の採卵で1個しか卵子が取れません。でもその後、基礎体温の層が全体的に上がり、ウムリン服用後2回目で妊娠することができたのです。

また、その1個の卵のグレードが非常に良かったというのも、ウムリンのおかげかもしれないと感じています。まだ不安はありますが出産まで頑張りたいと思います。

 

●体外受精もなかなかうまくいかず、流産も繰り返していたときに、ネットで見つけたウムリンを試してみました。その後、良い卵がとれて、妊娠、そして出産をすることが出来ました。

しかも、その時にとれた受精卵で2人目も妊娠。無事出産することが出来た今、二人の子どもを持てたことに心から幸せを噛みしめています。ウムリンのおかけです。ありがとうございました!

 

このような報告が他にもたくさん届いています。効果についての体験談はあくまでも個人的意見ではありますが、ウムリンには医学的エビデンスがあるのです。

ウムリンは妊活サプリというカテゴリーにあるので、その効果や効能についてはお伝えするには法的な制限があり、体験談をもって信じていただくほか手段がありません。

ただ、このような体験談が多く投稿されているということは事実なのです。

口コミをもっと詳しく

卵子の老化は止められない。だけど…

数年前「女性の年齢と共に卵子も老化する」というセンセーショナルな発表がなされました。そして飛躍した現代の医学の力をもってしても、残念ながら卵子自体を若返らせる事は不可能とされています。

そんな中、ウムリンの口コミや体験談には、ちょっと希望を持たせるような内容が多くあるのです。

 

●38歳のときに3回目の自然妊娠。それまでに2回自然妊娠で出産していたのですが、初めて流産を経験しました。その時に病院で指摘されたのが「卵子の老化」ということでした。

年齢的にももう妊娠は難しいかなと半ばあきらめ、やはり高齢出産のハードルの高さ実感していた時、たまたまウムリンの体験談を読み、同じような境遇の人も妊活しているのを知って勇気がもてました。

そしてウムリンを飲み始めてから3人目も妊娠!あきらめずにウムリンを飲み続けて本当によかったです。

 

●ウムリンと信頼できるクリニック、あきらめない気持ち、この3つのおかげで今回やっと妊娠することができたと思います。

年齢的に顕微授精から始め、1年4か月の通院をした結果、この度の妊娠にいたりました。

ウムリンを服用していたおかげか、とれる卵はすべてグレードAのいちばんよいもので、5AAに育った胚盤胞もありました。しかし、それでも毎回期待と落胆のくり返しは続きましたので挫折しそうになることもありました。

ちまたには妊活サプリや妊活情報も溢れていますが、あれもこれも手を出し続けていくには無理があると思います。自分が信頼をもてるものを選ぶことが大切で、それが私にはウムリンだったと思っています。

ウムリンは溶かして飲む
ウムリンは様々な飲み物で割ることができます

●ネットでみたウムリンの卵子の質がよくなるという情報が気になり、エビデンスもありレビューもよかったので、試してみようと思いました。

私の場合は、採卵しても、受精しなかったり、受精しても途中で裂が止まったり、AMHも本当に低かったため、もう時間がないという感じだったのですが、不妊治療費も負担になっていたので、効果がでるという3カ月前から飲み始めて、もう一度採卵に挑みました。

すると驚くことに最高のグレードで初めて胚盤胞まで育っていて、その次の周期ではグレードは落ちたものの胚盤胞まで育っていたので、これはウムリンのおかげだと確信しました。

今は、最初に胚盤胞になったものを移植し、初めて着床し、妊娠にいたっている状態です。

 

>>その他の口コミも見てみる<<

 

体験談だけでみると、やはり何か卵子に良い影響があるのでは?と感じます。

もちろんウムリンには医学的エビデンスがあり、今も研究も続けられています。ですので、将来的にはこの作用のメカニズムが解明されるでしょう。

卵子の老化は止めることは、今の時点では難しいと言えます。しかし、口コミや体験を読むと、ウムリンには卵子の老化に対抗する力があると思えてくるのです。

 

ウムリンは、卵子の質や老化と関係あるのか?

ここで医学的な話として、ウムリンの卵子に対する作用について今わかっている事、また仮説についてお話しします。

まず、卵子の質という言い方がされますが、これは老化の程度について言い換えているだけなのです。

ではなぜウムリンが卵子の質(卵子の老化)に関係するのか?またはしているように見えるのか?ですが、仮説として立てられているのは、ウムリンは卵子を取り巻く顆粒膜細胞を活性化、もしくは若返らせる作用があるのでは?ということです。

顆粒膜細胞というのは、卵子の周りを取り巻いていて、卵子の鋭意用の供給をし卵子の成長から成熟までをサポートする組織だとされています。

この細胞も老化=酸化ストレスが起こります、これに対しウムリンが抗酸化作用を及ぼすのではないか?とされているのです。

まだ全て解明された訳ではありません。しかし、ウムリンの卵子に対する作用については、このようなことが今研究中なのです。

 

エビデンスがあるのは「ウムリン」です