卵活というキーワードをご存知ですか?今、妊活の口コミなどで増えてきつつあるキーワードです。でも妊活と卵活って何が違うのでしょうか?

\今なら300人限定モニターキャンペーン中!初月半月2,980円!しかもいつでも解約OK/

>>卵活をサポートするウムリン<<

 

年々卵が老化していく事実

まず、卵活を知る前に卵子のことについて少し解説します。

世の中の全ての女性は「原子卵胞」という卵の大元になるものを持って生まれてきます。

生まれた時、原子卵胞は実に200万個もあると考えられていますが、思春期を境に生殖年齢のなる頃には20万から30万個程度にまで減っていってしまいます。

その数は、年齢と一緒に減少していくというのは間違いない事実です。

人間というのは、年齢と共に身体中の機能が衰えていくものではありますが、生殖機能も例外ではありません。

つまり、原子卵胞の数以外でも加齢によって卵そのものの質が低下してしまうということになります。

年齢を重ねた卵は、どれだけ数が残っていたとしても不具合が生じやすくなります。

不具合というのは、遺伝子の発現や染色体の分離、異常な細胞の割合が高いというようなことを意味しているのです。

妊活をしよう、と決めた時に1番意識しなくてはいけないことがこの卵のことです。

自分の卵は今どのような状態なのか、年齢と共に卵が劣化していく事実とどう向き合っていくのかを考えてください。

それらを考慮した上で、多くの妊活中の女性が行うように生活や食事の改善を行い、冷え対策の一環で温活をするなどして、体内を整えることが勧められています。

こうした妊活の行動は全て、良い卵を育てる環境を作るということに直結しています。

卵の活性化は妊活の基本であり、卵活は妊活の全てと言っても過言ではありません。

\今なら300人限定モニターキャンペーン中!初月半月2,980円!しかもいつでも解約OK/

>>卵活をサポートするウムリン<<

 

 

卵活して妊活のベースを作ろう

妊活をする際、体内を整えるという言葉をよく耳にし、実行しようと思う人は多いでしょうが実際そのためにはどんなことが必要なのでしょう?

例として言えば、体に良い栄養素を妊活サプリで摂取する人が多いと思いますし、体を冷やすことは良くないということも有名な話なので温活をする人も多いです。

さらに医学的な視点からさまざまな検査を受けて、妊娠しやすい体作りをサポートしてもらうという場合もあります。

どのような行動だとしても、きちんと妊活に繋がりはしますが極論を言うと、「卵さえしっかりとしていたら妊娠の可能性は十分にある」ということです。

なぜなら、現代医学において他器官にトラブルが少々起きていたとしても、解決できるような方法も技術も日に日に進歩していることが理由です。

根本的に妊娠するためには、卵の質が重要となり、妊活の結果を大きく左右すると言えます。

このような視点から、妊活の基本は卵活だとしっかり覚えておきましょう。また卵活をサポートできる妊活サプリもおすすめです!