卵活の理屈については分かったけど、じゃあ実際に卵活ってどうやってするの?その方法って今までの妊活は違うの?ここでは、そんな疑問にお答えしましょう!

>>卵活をサポートするウムリン<<

卵活の方法として卵子凍結保存も1つの手

質の良い卵が必要なのであれば、良い時期に「卵子凍結保存」をするといいのでは?と考える人もいるかもしれません。

近年では卵子凍結保存という言葉を耳にすることも多く、卵子凍結保存方法自体は10年異常も前から存在していました。

実際に一部の施設でも行われていて、年齢がまだ若いうちに卵子を取り出し、冷凍保存しておくというシステムでこの方法も卵活をする1つの手だと言えます。

この方法は、今は仕事に専念したいが子供が欲しい女性、今は無理だが将来的に妊娠・出産したい女性といった「今この瞬間はまだ子育ては難しい」という環境に置かれた女性に注目されており、現実的に利用している人も多数います。

しかし、費用負担が大きく、卵子凍結保存をするまでに医師の診断から始めて実際に凍結保管するまでに60万円から80万円もかかります。

34歳以下であれば割引適用になるなどといったキャンペーンが関係団体で行われていますが、それでも高額になってしまうことに変わりはありません。

さらに言えば、凍結保管も保管する年数が長くなればなるだけ保管費用が発生しますし、卵をいざ受精させる時にも数十万円の費用がかかります。

これだけの費用をかけて、絶対に妊娠するのかといえばそういうわけではなく、リスクがないというわけでもありません。

自分の置かれている環境や理由から選択肢の1つとして、卵子凍結保存という方法もあるという程度に考えておく方がいいです。

命を授かる上で、確実な手段というのは実際はないです。

ただ、妊娠しやすい体を作ることはできます。

なので、卵子凍結保存は現状で妊娠することも出産することもできるような状態にあれば、必要はないと考えてくださいね。

 

じゃあ卵活ってどうするの?

基本的な卵活は、妊活で言われているように体内から整えることです。

体が冷えて、低体温が継続される体になるとどうしても、卵巣や子宮等の体内機能が低下してしまいますので、妊活に良い影響は1つもありません。

まず、生活環境を整え、筋力を保つために適度な運動を行うことがたいないを整えるためには必要なことなのです。

また、妊娠しやすい体を作るために必要と推奨されている栄養素である、亜鉛・鉄分・ビタミン各種・葉酸を含めて摂取する必要があります。

ただ、こうした栄養素は食事だけでは摂りにくいため、サプリを使うことも効果的です。

特に葉酸は、卵を活性化させるために直接的に影響するわけではなく、赤ちゃんの健康を維持するために勧められている成分です。

そのため、妊活の段階から摂取することが望ましく、サプリによっては葉酸と温活もできる商品がたくさん販売されているので、別々にサプリを購入するコストを軽減させられるため、効率的ですよね。

>>卵活をサポートするウムリン<<

 

卵活はサプリが効果的?

卵活は妊活とイコールという考え方をすれば、多くの人が行なっているヨガや体操も体を冷やさないために効果的ですし、生活を改善することも妊娠をしやすい体の土台作りをするという範囲内の活動ではあります。

しかし、これらの行動は直接的に卵活に結び付くようなものではありません。

妊活サプリは、販売されている商品の多くは直接的に卵へ効果を及ぼすものではなく、妊娠を誘発する効果がある、というわけではないものがほとんどです。

ただ、数多くある妊活サプリの中でも、卵に深く関係している細胞に作用することが認められているのはウムリンというサプリだけです。

作用に対しての詳細な説明についてはこちら→ウムリン

学会でも研究結果が発表されているウムリンは、不妊治療に対して非常に高い信頼性を帯びており、妊活サプリの中で世界で唯一の卵活サプリだと言えます。

現代において、数多くの方法を選択できるようになってきましたが、妊活に関して言えば卵活が基本なことは以前も今も変わりません。

なので、卵に直接的に効果があるウムリンは妊娠に対しての最短方法としておすすめです!

卵子凍結法や生活改善だけでは、妊活として希望するような妊娠、出産は難しいのでは?と思うかもしれません。

そのような方の場合は、根本的な卵活や卵の質を向上させる方法の1つとして、ウムリンを選択肢に入れると視野が広がります。

ウムリンを利用した女性で30代や40代が妊娠した実例をたくさん掲載しているので、参考にしてみてくださいね。

\体験談多数あり!今なら300人限定モニターキャンペーン中!/