ウムリンの効果を最大に活かすには、不妊治療と共に服用することが良いとされています。これは、ウムリンを研究していた際に試験的に服用した結果を元に薦められているのです。ウムリンは、実際に論文発表までされている妊活サプリでは数少ない、医学的エビデンスを持つサプリなのです。

\今なら300人限定モニターキャンペーン中!初月半月2,980円!しかもいつでも解約OK/

>>ウムリン<<

そもそもウムリンとは?

ウムリンの成分は、梅から抽出した成分そのものの名前がつけられており、サプリの名称もウムリンとされました。

そもそもウムリンの生い立ちは、鶏の産卵率の向上の効果を狙ったものでした。実際ウムリンを鶏の餌に混ぜると、産卵率は上がり、また卵の質も上がったのです。この卵の質が上がったことから、「うめたまご」というブランド卵までできたのです。

その後、この効果を人に転用できないか?という発想を元に研究が始められました。その研究データは和歌山医大に保存されていて、難治性不妊患者の妊娠率を大幅に向上させる効果が、梅にあると結論づけられているのです。

特にウムリンが不妊の改善に効果があるとされているのは、実際に不妊に悩む被験者で臨床実験を行なったからなのです。

その臨床試験では、DHEAを服用しても効果が見られなかった、不妊治療を受けている9人の女性(平均年齢39歳)に対し、ウムリンを服用してもらいました。結果としてその中の5人が妊娠。

また別途の試験では、DHEAを服用していない女性10人を対象としました。その結果、6人が妊娠し4人が無事出産。確率としてはDHEAに関係なく妊娠するという結果が得られたようです。

つまり試験では、ウムリン単体でも不妊の改善に効果があるという結論が出たのです。

 

不妊の改善に対して医学的に認められたウムリン

ウムリンは医薬品ではなく、妊活サプリです。サプリはその効果や効能を公言してはいけないのです。ですから、ウムリンの販売会社であるワノミライカ の公式サイトでも

 

ウムリンは2010年に始まった有用性試験で効果が確認され、論文にまとめられました。20143umulinの有用な効果が医学的に認められ学会雑誌(日本受精着床学会雑誌014Vol.31No.1号)に論文掲載。第三者機関の査読を受けてウムリンが完成しました。

ウムリン販売ページより抜粋

 

といったような事実の記述のみとなっています。この中で「第三者機関の査読」という言葉があるのですが、これは発表された研究結果を他の研究者が再度検証するという事です。

かつて「スタッフ細胞」が発表された時、この検証が誰もできなかったため大問題となりました。誰が行なっても同じ結果がでるということは、非常に大切な事なのです。

ウムリンは妊活サプリというカテゴリーではありますが、しっかりした医学的エビデンスがあるのです。